自分に合った方法

私はスキンケアと言っても特別な事はしていませんが、メイクは丁寧に落とししっかり泡立てた洗顔フォームで肌の汚れを落とします。

寝る前は化粧水のみで、朝は化粧水後に美顔ローラーのリファカラットでコロコロしています。

顔が疲れ気味の時は美容液を使います。

以前は、色んな効果のありそうなものを塗りまくっていましたが、シンプルなスタイルにした方が私には合っていることが解り、スキンケアは基本化粧水とマッサージに行き着きました。

2日のエステより28日のホームケア

私はエステサロンに長く通っていました。エステサロンに通うと確かにホームケアではできない部分のケアはできますが、目に見えてきれいになっていると実感することはできませんでした。そのとき、例えばエステサロンは月2回通うと考えるとほかの28日ほどは自宅のホームケアで成り立っていると考えました。

自宅のホームケアで重要視していることは保湿です。夜間は洗顔後、拭き取り用化粧水を使用し余分な油脂を落とし、化粧品、乳液、美容液と行い。ニキビや吹き出物の場所にはビタミン粉末をのせてケアしています。また、お風呂上がりの髪の毛を乾かす時間はコスパがよい普段から使えるパックを使用してドライヤーの風での皮膚の刺激を防いでいます。朝のケアは洗顔後、夜間同様コスパのよいパックをつけます。朝パックをすることは日中の紫外線を防ぎ皮膚に栄養を与えることを目的としています。その後、化粧水でケアします。夏の時期は乳液を使用せず下地をつけています。これは余分な油脂が出ることを防いでいます。

スキンケアは気づいたらその日からはじめよう。

10代20代の頃は特に気にしていませんでした。

肌の色がわりと白い方なのに日焼けも気にせずに過ごしていました。

30代になると気になり始めたのですか、子育てで忙しくケアもできずに日々過ぎていたように思います。

40歳を過ぎると時間に余裕もできてきましたが、肌の状態はひどいものでした。

現在は保湿を中心にスキンケア商品を選び、日々怠らないようにしています。

自分にあう商品がやっと見つかったので、現在は地道にケアしています。

試供品で痛い目に!

スキンケアは、毎日の事なので以外と面倒だと思う事があります。

けど、手を抜いてしまうとすぐにガサガサになったり・・(35才をすぎてからは特に!)

一度、いつもつかっている化粧水をきらしてしまい、買いに行くのも面倒だったので、とあるメーカーの試供品を使いました。

つけ心地は、まぁまぁ 。

いつもより、しっとりするかも?とも思いました。

ところが、しばらくすると顔がかゆくなってきました。

おそらく、肌にあわなかったのでしょう。

(いつも使っている物よりも、値段のするものでした。)慌てて、顔を洗いいつもの化粧水を買いにいきました。

やはり、直接肌につけるものは金額より自分にあうか、あわないかが、1番大事だと思います。

間違ったスキンケア(化粧水のみで済ませた)

今までやっていたスキンケアで間違っていたなぁーと思うのは、乳液をあまり使わなかったということです。若い頃はどちらかというと脂性肌寄りだったので、ベタベタするのが嫌で、洗顔後に化粧水だけをつけて終わっていました。そして仕事の途中に乾燥したなと思ったらスプレータイプの化粧水をふきかけていました。でもこれは実はどちらも間違いだったようです。乳液をつけずに化粧水だけですませると、ふたになるものがないのですぐに蒸発して逆に乾燥してしまうそうです(涙)。今では毎日必ず乳液をつけて、乾燥を防いでいます。

□ニキビ跡の赤みを治す化粧水ランキング-失敗しないニキビ化粧水の選び方とは-
□http://www.salasolares.com/

ニキビ跡 化粧水を探すならこちら!おすすめの化粧水を紹介しています。



エントリー一覧